トップページ | 七対子 »

2009年5月30日 (土)

三色

何切るの定番であり、麻雀の華といってもいい三色であるが、 無理に狙うと牌効率を落とすことが多く。狙うバランスの難しい役である。

狙うべきかそうでないかの基準はいろいろある。

狙えば牌効率が著しく落ちるときは狙うべきではない。 例えば、2を持っていて123の三色を狙っていた。 このとき5を引いてきたら三色は狙いづらくなる。 25と持っているのはいい形とは、いえない。 一通の例になるが、145789と135789では同じ6枚だが 前者の方が狙いづらいだろう。牌効率からいって1を落としたくなる。

三色が無くても十分高い手になりそうなときは狙うべきではない。 たとえば、ドラが2枚あったりしたら三色に行くのはちょっと無意味。 麻雀の点数計算は、満貫を超えるとハン数が上がっても 点がなかなか上がらないようになっている。

手なりで聴牌しても面白い手になりそうもないときは狙うべきである。 たとえば、手なりでいったら、リーチのみのカンチャン待ちになりそうなとき、 こんなときは多少強引でも三色を狙うべきだろう。 そのせいで聴牌をのがしても別に惜しくない。

三色を狙うと面子オーバーになりそうなときは、狙うべきではない。 麻雀に必要な面子の数は4つである。 三色部分以外でそれが2つ以上できそうなときは 三色にいくのはちょっと意味が無い。

 雀頭が固定されていないときは、三色は狙うべきではない。 ふつう、面子と比べると頭はできやすいので、あまり重要視しないが、 三色を狙うとなると話は違う。 例えば、456の三色を狙っているときに、 46から4を重ねてここで頭を作る、 456から4を重ねて44頭+56両面の形にする、 このようなケースでは三色が崩れるのはわかると思う。

トップページ | 七対子 »

麻雀」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1224976/29859196

この記事へのトラックバック一覧です: 三色:

トップページ | 七対子 »

最近のトラックバック

最近のコメント

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

リンク集

  • 四〇一号
    私のページです。
  • 現代麻雀技術論
    麻雀の戦術論ページです。同類のページはたくさんありますが、ここが№1だと思います。
無料ブログはココログ